レンタルHP
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>駄文

最近のこと

次男産まれてから大荒れな日が続いていて、虐待に発展しそうだったので
市の保健士さんや心理士さんと連絡を取り合うなどしてました。

今まで通っていたクリニックは、東京の、結婚前から通っていたところなので
遠くて通うのが億劫になっていたので、近所の精神科を紹介してもらいました。

前々から自分が発達障害なんじゃないかという感じがしていて、
それが虐待に発展しそうな状況のベースにあるんじゃないかという気がしていたので
精神科でそこらへんも診てもらうことにしました。

診断としては、今の状況は適応障害。
発達障害に関しては、アスペルガーだと思うとのことでした。

大人の発達障害の確定診断は難しくて、幼少期の細かな記録が必要になるし、
私の今の仕事上、確定診断を必要としないし、能力検査も必要ではないということでした。
家族のこと、成育歴、仕事歴を口頭で答えて、「アスペルガーだと思う」ということでした。

コーヒーのがぶ飲みや酒の飲みすぎに気をつけること。
触られるのが嫌なら長袖の服を着ておくこと。
少し汗をかくくらいの運動を毎日すること。
など基本的なことの改善を進められ、最近その通りに過ごしていたのですが
驚くほど効果があり、イライラが軽減されました。

発達障害に西洋の薬を出すと、良い面も削ってしまうので漢方出しておく、
といわれ、漢方をがんばって飲んでいたら、やはりこれもゆっくりゆっくり効いてきて
いいかんじです。

「授乳よく頑張ったね」と言われて、「ああ、私にとっては肌を触られるのは頑張っていたことだったんだ」と
納得しました。
次男も丁度、母乳よりミルクを欲しがるようになっていたので、スパッと卒乳。
いいのか?というほどあっさり。

次男にべたべた触られなくなったら、次男に対する嫌悪感も消えていたので
私には授乳という行為が向いていなかったのだと思い複雑でした。
母乳の出は良くて完母だったのに、私の心は母乳で育てたくなかった。
ちぐはぐで我ながらよくわからない。

結局、長男の時の完ミで育てたということが負い目になっていて、
次男の時は完母でやってたんですが、それがよくなかった。
次男には申し訳ないなあと思います…。

今まで生きてきた中で、どう頑張っても至らなかったこと、
やっとアスペルガーという攻略本を手に入れたので
できなかったことをできるようにして、残りの人生より良くしていきたいなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。