レンタルHP
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>駄文

Gravitation

夜ごと姿を変えるような、不実な月に愛を誓わないで、と女は言った。
そんな古のお伽話。

姿を変えるものに誓うのは不実だろうか?
姿を変えてもなお、存在する月こそ、理想の私たちじゃないの?
私は言った。

彼は「それは面白い意見だな」とつぶやいて、「ではどこが理想の証拠だ?」と問う。

・互いに影響を与えなくてはならない
・しかし近付き過ぎてはならない
・ひかれ合わなくてはならない
・決して見せない面を持たなくてはならない
・常に同じではならない
・倒れそうになるのを支えなくてはならない

・たとえ将来離れていってしまったとしても、記憶だけは残っていかなければならない


「これが、私があなたと結びたい、理想の関係なの。」

一通り私が根拠を述べると、彼は一瞬考え込む。そして一言。
「それは面白い。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【Gravitation~384,400km向こうの君へ】


昨日のボイスアクトレスさんの演技からまた展開させてみました。
もともとのネタがロミオとジュリエットへのアイロニーだったのですが
どんどん変化していくので、言葉や思想は生き物だと思います。
別に私は詩書きさんを目指したこともないし、適当なことを言っているだけなんですが
案外言葉遊びは楽しくて好きです。
ドイツ語が好きなのは詩にしたときのリズムがいいからかな。


なんだか急にお仕事がたくさんきたので、OMCの方をこれから閉めてこようと思います。
ノミだけ開けておこうかしら。
関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://midnight555blue.blog47.fc2.com/tb.php/45-c58ccdb7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。