レンタルHP
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>駄文

1+1を2と書く人は何人いるだろうか

たとえば、「解いたら100万ドル」の数学問題として、
「1+1の答えを書いてメールで送信してください」というのを
出したとしたら、「2」と書いて送る人は何人いるだろう。

昨日こういうことを夫と話していた。

「1+1は2しかないだろ。」と自分の常識で即答する人。

「100万ドルも懸賞ついてるのに2と応えるのはひっかけだな!」と
2以外の答えを自分なりに考えて書く人。たとえば、1+1=∞

「この問題には100万ドルも懸賞がついてるから慎重に解かなくては」と
いろいろ計算をして、結果として2であることに行きつき、
証明を添えて、2と書いて送る人。

だいたいこのぐらいに分かれるんじゃないかなと思う。
人生で一番真理に近づけるのは3番目の人かなと思う。
「常識」に対して真摯に挑み、それがやはり真理ゆえの常識であった場合に
その理由を添えて説明できる人は、人生の辛さと楽しさに理由を付けられる人だろう。

1番目の人は素直に生きることができる人
2番目の人は疑問の気持ちを大切にできる人
3番目の人はよく考えて、その結果が良くも悪くも納得できる人
そんなカンジだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。