レンタルHP
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>駄文

鳥かわいいよ鳥

鳥の楽園「花鳥園」に行ってきたのでこちらにも貼り付け。
hujikatyouen2.jpg
ハリスホークと調教師のおねいさん。
猛禽も可愛いなあと見とれていました。

hujikatyouen4.jpg
100円のえさを貢ぐとロリキートたちとタッチ&トーク?できます。
お触りさせてくれない子ばかりですが。
触ると怒られます(鳥に)

hujikatyouen3.jpg

hujikatyouen5.jpg
hujikatyouen6.jpg
富士花鳥園のすごいところは、フクロウたちの一部がケージにはいってないまま
展示されているところです。
逃げてしまわないように脚紐がついていますが、フクロウたちは基本的に
人間を怖がらず、大人しく写真を撮らせてくれます。
ていうか発券所に受付嬢がたくさんいたよ(人間と猛禽3羽)

200円でフクロウさんとスーパーお触りタイム!!!
hujikatyouen.jpg
ひなから人間の手で育てたので、猛禽なのに「なでていいよ」と頭を触らせてくれます。
頬ずりしてる人もいました。


花鳥園は鳥好きとそうでないひとの間のテンションの差が半端ないです。
花もたくさん展示してあるから、おじさんおばさんも来るんだけど
鳥を驚かせたりまでして自分に興味もたせる&動かせるような
やりかたはマナー違反だなあと思います。
フクロウが動かないのは当たり前なのに、手をたたいたり動けー!と叫んだり…。
いろんな人が来るところだからしょうがないのだけれど、
マナーぐらいしっかりしようよと思います…大人なんだし…。

今回改めて思ったのは、「鳥は人のことをよくみている」なあと。
オオバタンがいたのでケージ前で見ていたけれど、近寄ってきてはくれず
その他のインコを見てまたその子の前に帰ってきました。
今度は他の人がその子の前で「オハヨー」とか声をかけるんですが
やっぱり興味なさそうにしています。
人間に興味ないのかな?と思って、オオバタンの目線に合わせて
ひざまずくと、オオバタンはよちよち近寄ってきて「なでてー」を
やってきました。
甘えられる人間とそうでない人間をよく見分けています。
目線を合わせてくるような人間は大抵は動物好き&鳥好きだというのを
よく解かっています。
鳥かわいいよ鳥。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。